永住の要件・流れ

永住の要件➀ 居住歴・出入国歴に気をつけて!

投稿日:2017年3月23日 更新日:

【広告】 永住申請 99,000円 土日祝・夜間・出張相談可能             永住申請は、永住専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

 

 

➀居住歴

質問1.あなたは、現在何年日本に住んでいますか?

陳さん「10年です」

居さん「5年です」

李さん「3年です」

この中で、永住申請ができないのは居さんです。

 

永住の要件➀日本に継続して10年以上住んでいること

ですので陳さんは要件➀をクリアしていることになります。

では、李さんですが、もし日本人か永住者と結婚している場合、

3年以上結婚していて3年以上日本に住んでいれば、OKです。

もしくは、3年以上のうち、1年以上日本に住んでいれば、これもOKです。

 

質問2.10年以上のうち、何年日本で働いていますか?

陳さん「正社員として5年以上働いています」

李さん「働いていません」

居さん「アルバイトで10年以上働いています」

こちらも、居さんはダメです。

 

 

永住要件➁10年以上のうち、5年以上日本で社員として働いていること

この場合、アルバイトはダメです。

正社員・契約社員・派遣社員ならOKです。

また、李さんのような日本人か永住者と結婚している人は、働いていなくても問題はありません。

 

 

➁出国歴

質問3.1年の内、1回の出国が3か月以上になったことはありますか?

陳さん「ないです」

李さん「あります」

これは、陳さんがOKです。

 

永住要件③1年の内、1回の出国が3か月以上になっていないこと

 

質問4.1年のうち、数回出国していてその合計が150日以上になったことはありますか?

陳さん「ありません」

永住要件➃1年のうち、数回出国していてその合計が150日以上になったことはありますか?

 

 

お問い合わせ

  

名古屋帰化・永住プロフェッショナルでは、帰化・永住の無料相談を実施中です!

・帰化申請に詳しい事務所に依頼したい

・永住申請に詳しい事務所に依頼したい

・帰化、永住申請の要件をクリアできるか不安

・仕事が忙しくて、自分で動けないので徹底的にサポートしてほしい

・日本人と結婚して、子どもが生まれるので早く帰化したい

・家族関係が複雑で、本国書類・国内書類をどう取得したらいい?

・法務局や大使館に何度も行かずに帰化申請をしたい

 

お客様が帰化や永住を取ることができるのかを診断させていただきます。

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

 

TEL 090-4160-0289
(タップすると、直接つながります)

 

 

 

-永住の要件・流れ

Copyright© 名古屋帰化・永住プロフェッショナル , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.