永住の要件・流れ

永住の要件⑤ 身元保証人はいますか?

投稿日:2017年3月28日 更新日:

永住をするには、身元保証人を用意しなければなりません

「日本人の配偶者等」と同じく、永住者の在留資格(永住)をするには、身元保証人を用意しなければなりません。

身元保証人と言っても、連帯保証人のように金銭を保証するわけではありません。

➀帰国費用

➁滞在費用

➂日本の法令を遵守させる

この3つを保証するのが役割ですが、特に金銭的な負担を強いられたということはありません。

この申請人の身元を「保証」するということです。

どんな人が、身元保証人になれるのか?

身元保証人になれるのは、日本人と永住者の在留資格を持つ外国人だけです。一般の外国人は、なれません。

日本人と結婚している人が永住したい場合→日本人の夫・妻

一般の外国人の場合→会社の社長(日本人or永住者)

この身元保証人が見つからない場合、永住はできません。

また、身元保証人をあっせんする会社があるようですが、何の関係もない人は身元保証人になれません。

 

また、身元保証人になる人は、収入があり、税金を払っていることが必要です。

会社社長であれば、役員報酬をもらっている必要があります。

身元保証人の必要書類

  • 身元保証書
  • 住民票
  • 住民税の納税証明書直近1年分(年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)
  • 源泉徴収票
  • 在職証明書(サラリーマン)
  • 定款のコピー・登記事項証明書・営業許可証のコピー・決算報告書のコピー(会社経営者)
  • 確定申告書

 

-永住の要件・流れ

Copyright© 名古屋帰化・永住プロフェッショナル , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.