帰化の要件・流れ 永住の要件・流れ

永住と帰化の違いについて

投稿日:2017年3月22日 更新日:

【広告】 帰化申請 200,000円 土日祝・夜間・出張相談可能             帰化申請は、帰化専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

永住と帰化は、何が違うのでしょうか?

永住と帰化の共通点は、

日本で生涯暮らすことです。

ただ、永住は今持っている外国籍のまま日本で。

帰化はその外国籍を捨てて、日本国籍を取得して、日本で暮らします。

帰化=日本人なのです。

 

永住と帰化の比較表

永住 帰化
共通点 日本で生涯暮らす 日本で生涯暮らす
国籍 外国籍のまま 日本国籍になる
申請窓口 入国管理局 法務局
申請手数料 8,000円 無料
再入国許可 必要 不要(日本のパスポートになる)

 

永住と帰化は、申請窓口が違う

永住は、入国管理局が窓口です。

 

 

帰化は、法務局が窓口です。

法務局は、国籍や不動産や法人などの登記を扱う役所です。

 

この2つの役所は、おなじ「法務省」という役所のセクションです。

この法務省は、中国でいう司法部。韓国でいう法務部に該当します。

 

 

お問い合わせ

  

名古屋帰化・永住プロフェッショナルでは、帰化・永住の無料相談を実施中です!

お客様が帰化や永住を取ることができるのかを診断させていただきます。

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

 

TEL 090-4160-0289
(タップすると、直接つながります)

 

 

-帰化の要件・流れ, 永住の要件・流れ

Copyright© 名古屋帰化・永住プロフェッショナル , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.