帰化の要件・流れ

一般の外国人の帰化要件➀ 居住歴と出入国歴

投稿日:2017年3月22日 更新日:

【広告】 帰化申請 200,000円 土日祝・夜間・出張相談可能             帰化申請は、帰化専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

 

帰化は全部の要件を満たすことが必要ですが、要件の中で重要なのが、この居住歴と出入国歴です。

➀居住歴

質問1.あなたは、日本に何年住んでいますか?

陳さん「1年です」

李さん「3年です」

マリアさん「5年です」

この中で、帰化が絶対にできないのは、

陳さんです。

帰化は、一般の外国人の場合、5年以上日本に継続して住んでいることが必要です。

ただ、日本人や永住者と結婚している人や特別永住者の方は3年以上日本に住んでいればOKなので、李さんもOKです。

 

質問2.5年以上の中で、何年日本で働いていますか?

マリアさん「3年以上、社員として働いています」

李さん「働いていません」

居さん「3年以上働いていますが、アルバイトです」

この中で、帰化が絶対にできないのは、

居さんです。

一般の外国人の場合、日本に5年以上継続して住んでいて、そのうち3年以上日本で働いていることが必要になります。

ですが、それは社員(正社員・契約社員・派遣社員)である場合です。

アルバイトはNGなのです。

では、李さんが日本人や永住者と結婚している場合、無職でも帰化は申請できます。

ただし、特別永住者なら、無職やアルバイトはNGです。

 

➁出国歴

帰化は、5年以上日本に「継続して」住んでいることが必要です。

この「継続して」が重要です。

 

質問3.あなたは1年の内、1回の出国が3か月以上であったことがありますか?

マリアさん「ありません」

李さん「あります」

この場合、「ありません」と答えたマリアさんが要件に該当します。

日本を1年の内3か月以上出国していた場合、5年以上日本に住んでいたとしても、その居住歴がリセットされます。

つまり、帰化の申請はできません。

「でも、会社の命令で出張だったんです」

「両親が病気になったんで、看病してたんです」

「東日本大震災があって、怖くて日本を長い間離れていたんです」

という言い訳をしても、帰化の許可は下りません。

特に、東日本大震災で一時出国されていた方は、ご注意ください。

 

質問4.1年の内、数回出国しており、合計150日超えていませんか?

マリアさん「あります」

残念。マリアさん、帰化の許可は下りません。

質問3のように、1回3か月以上出国していなかったとしても、数回出国していて、その合計が150日以上であれば、帰化の申請はできません。

 

 

まとめ

➀帰化は、5年以上日本に継続して住んでいること(そのうち、3年以上日本で正社員として働いている)

※日本人・永住者と結婚している外国人は、3年以上婚姻していて、3年以上日本に継続して住んでいること(or1年以上日本に継続して住んでいること)

➁1年の内、1回3か月以上出国していないこと

➂1年の内、数回出国して、合計150日以上出国していないこと

 

 

お問い合わせ

  

名古屋帰化・永住プロフェッショナルでは、帰化・永住の無料相談を実施中です!

・帰化申請に詳しい事務所に依頼したい

・永住申請に詳しい事務所に依頼したい

・帰化、永住申請の要件をクリアできるか不安

・仕事が忙しくて、自分で動けないので徹底的にサポートしてほしい

・日本人と結婚して、子どもが生まれるので早く帰化したい

・家族関係が複雑で、本国書類・国内書類をどう取得したらいい?

・法務局や大使館に何度も行かずに帰化申請をしたい

 

お客様が帰化や永住を取ることができるのかを診断させていただきます。

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

 

TEL 090-4160-0289
(タップすると、直接つながります)

 

 

 

-帰化の要件・流れ

Copyright© 名古屋帰化・永住プロフェッショナル , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.