よくある質問(Q&A)

【広告】 帰化申請 200,000円 土日祝・夜間・出張相談可能             帰化申請は、帰化専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

 

 

                      帰化 面談時の必要な書類

永住 面談時の必要書類

 

 

 

A ケースバイケースですが、約2回を予定しております。

 

 

Q 面談場所は、どちらですか?

A ➀当事務所か➁お客様のご自宅、ご指定の場所で行います。

 

Q 出張は可能ですか?

A はい。愛知県内でしたら、交通費無料・出張費無料でお伺いします。

 

Q 面談時に申込みは必要ですか?

A いえ、面談時でなくても、面談後でもOKです。

 

Q 料金は、ホームページに掲載されている金額以外に追加課金はありますか?

A いえ、追加課金はありません。ホームページ通りの料金です。

 

Q 代金は、いつ支払えばいいですか?

A 帰化→着手金で半額、申請受付時に残金をお支払いください。

永住→着手金で半額、許可が出た後に成果報酬で残金をお支払いくさ

い。

 

Q 代金は、どうやって支払えばいいですか?

A 銀行振込、手渡しで対応しております。クレジット払いなどは対応

しておりません。

 

Q 申請書類は、何を集めればいい?

A 帰化

永住

 

Q 行政書士が書類集めの代行はしてくれる?

A 〇日本での必要書類(戸籍謄本、住民票、会社の履歴事項証明書、出入

国歴記録、外国人登録原票など)は、こちらで収集の代行をいたしま

す。

〇外国での必要書類について、こちらで集めることができるものは代行

します。ただ、こちらで集めることができない書類は、お客様が集めて

いただくことになります。

 

Q 申請書類は、作成してくれる?

A はい、もちろんです。申請書類は帰化・永住ともミスなく作成する必要

があります。プロの行政書士がきちんとミスなく作成します。

 

Q 法務局での事前相談は、本人が行かなければなりませんか?

A ご自分で申請される場合、法務局で事前相談をしなければなりません。

帰化専門の行政書士にお任せいただければ、事前相談の代行を致しま

す。

 

Q 永住は、入国管理局に事前相談は行く必要があります?

A 永住は事前相談の必要はありません。

 

Q 帰化は、申請が受理されなければ審査はされないんですか?

A はい。申請に必要な書類を全部そろえて、申請者が申請書に

サインをして、申請が受理されます。受理されなければ、審査はされま

せん。

 

Q 受付は、本人が行かないとダメ?

A はい。必ず本人が行く必要があります。ただし、15歳未満の方は、親が

代理人となることができます。

永住は、入国管理局が窓口なので、永住専門の行政書士が提出代行しま

すので、ご本人は行く必要はありません。

 

Q 帰化の申請受付は、同行してくれますか?

A はい、同行して書類の説明などをします。

 

 

お問い合わせ

  

名古屋帰化・永住プロフェッショナルでは、帰化・永住の無料相談を実施中です!

・帰化申請に詳しい事務所に依頼したい

・永住申請に詳しい事務所に依頼したい

・帰化、永住申請の要件をクリアできるか不安

・仕事が忙しくて、自分で動けないので徹底的にサポートしてほしい

・日本人と結婚して、子どもが生まれるので早く帰化したい

・家族関係が複雑で、本国書類・国内書類をどう取得したらいい?

・法務局や大使館に何度も行かずに帰化申請をしたい

 

お客様が帰化や永住を取ることができるのかを診断させていただきます。

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

 

TEL 090-4160-0289
(タップすると、直接つながります)

 

 

 

 

投稿日:2017年3月26日 更新日:

Copyright© 名古屋帰化・永住プロフェッショナル , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.